FC2ブログ

おひとりさま

一人で出かけたところをリポートします。お店の住所・営業時間・価格等の情報は記事を投稿した時点のものです。

16 2018

武蔵野線の風景

武蔵野線から見える朝霞周辺
以前に「西国分寺駅探検」の記事の中で武蔵野線で新座や北朝霞、荒川を渡る風景が好きだということを書きましたが、北浦和へ行ってきた際に武蔵野線を使ったので、画像や動画を撮影してきました。
私の好きな武蔵野線の風景をご紹介したいと思います。


[広告] VPS
(音量にご注意ください)
こちらは荒川を渡る風景です。西浦和~北浦和間で東側の車窓から撮影しました。
電車で川を渡るのってドキドキしますよね。あまり車窓の風景に興味なさそうな乗客も、川を渡る時だけは顔をあげて車窓を見ていたりするのを見ると、みんなこういう風景って好きなのかなと思います。



(説明にマウスを合わせると画像が変わります)
1 朝霞周辺 2 凸版印刷朝霞工場 3 新座市のぶどう園 4 新座周辺 5 新座周辺 6 新座周辺 7 関越自動車道 8 新座の小川 9 新座・東所沢間
1~3の画像が西浦和~北朝霞間、4~9の画像が新座~東所沢間の風景です。
緑と畑が多いのが印象的ですが、その近くに住宅が密集している所があったりするのがなかなか面白い風景だと思います。新座の風景は、清瀬あたりの風景にも似ていますね。まあお隣ですからね。

清瀬ひまわりフェスティバル 前編の記事

お天気が良かったのもあると思いますが、動いている電車から撮影してもそれほどブレずにきれいに撮れるものですね。
武蔵野線に載る機会がありましたら、景色を見ないのはもったいないです。
ちょっと顔をあげて、風景を楽しんでみてください。
15 2018

北浦和公園

北浦和公園入口
ACACIER 北浦和本店」へ行った際、すぐ近くにある北浦和公園の中も歩いてきました。
比較的広く、なかなか見どころのある公園だったのでたくさん写真を撮ってきましたのでご紹介します。


北浦和駅西口駅前通り
北浦和公園は北浦和駅西口の駅前通りを進んで2分ほど、駅から近く便利な場所にあります。通りの奥に木々の緑が見えますが、そこが北浦和公園です。



(説明にマウスを合わせると画像が変わります)
1 国道463号 2 国道463号の歩道橋から 3 日本一長いけやき並木の説明
まずは公園の隣を走る国道463号線をご覧ください。両側に植えられているけやき並木が美しいです。歩道橋を上るとより遠くまで見渡せます。こちらのけやき並木はなんと「日本一長いけやき並木」なんだとか。
いろんな所に出かけると、思いがけないところでちょっとした日本一を見つけたりするものですね。


北浦和公園案内図
それでは公園内に入ってみます。入口には案内図があります。
広場に噴水、遊具の他、埼玉県立近代美術館があります。
このように広い公園ですが、もともとは埼玉大学があった場所だったそうで(ちなみに埼玉大学の前には旧制浦和高等学校があったそう)、大学が移転したその跡地をこのように公園にしたのだそうです。
古くから学校があった場所だから環境もよく、公園を作るのにとても適した場所だったのではないでしょうか。



(説明にマウスを合わせると画像が変わります)
1 散歩道 2 噴水広場 3 水が吹き上げる噴水広場
公園内には大きな噴水の池があります。噴水からは時々水が吹き上げていました。画像だと真ん中に一つだけ水が吹き上げていますが、もっと何か所も一度に吹き上げている時もあり、いろいろなバリエーションがあるようです。
電飾の骨組みのようなものも見えるので、夜には点灯するのかもしれません。クリスマスの時期などは特にいいですね。



(説明にマウスを合わせると画像が変わります)
1 池の鴨 2 池の鴨 3 遊具 4 落ち葉 5 イチョウの木と空 6 木と街灯と雲
公園内には小さな池があり、鴨がたくさん来ていました。遊具があり木々があり、大人も子供も楽しめます。



(説明にマウスを合わせると画像が変わります)
1 埼玉県立近代美術館 2 美術館の階段のオブジェ 3 彫刻広場
公園内にある埼玉県立近代美術館です。県立というだけあり立派な建物で大きいです。美術館らしくモダンな建物ですね。そして美術館にはよくありますが、建物を活かしたオブジェがあります。階段を上ったり、座ったりしている人の彫刻がありますね。
美術館の裏手には彫刻広場があり、芝生の上に彫刻が展示されています。遊んだりできる広場に美術作品があるというのがいいですね。
美術作品の展示って、作品を保護する意味でも暗いところだったり、ガラスケースの中に展示されている場合が多いですよね。こんなふうに空の下に展示されていると気分も変わり、また何か違うものを感じ取れるものです。
そんなわけでケーキ屋さんのアカシエに来たついでになにげなく立ち寄った北浦和公園でしたが、思いがけず素晴らしい公園だったのでした。
もしお近くへお出かけの際は立ち寄ってみてください。


北浦和公園
埼玉県さいたま市浦和区常磐九丁目地内
14 2018

ACACIER 北浦和本店

アカシエ北浦和店入口
浦和で、いえ埼玉でおいしいケーキ屋さんといったら必ず名前が挙がるお店、「ACACIER(アカシエ)」の北浦和本店へ行ってきました。


北浦和駅西口
アカシエといえば、今までJR浦和駅および中浦和駅エリア、埼玉県庁近くに本店を構えていたのですが、今年10月に新しくオープンした北浦和店に本店を移しました。
それまで本店だったほうの店舗は北浦和本店開店に向けて一時的に閉店していましたが、最近また営業を再開したようです。
浦和店の近くには、カウンターでパフェなどのデザートを作っているところを見られるカフェ、「アカシエ・サロン・ド・テ」がありました。


アカシエ・サロン・ド・テ 店内
それがこの「アカシエ・サロン・ド・テ」の店内の写真です。数年前に行ってきたときに撮影したものです。シャンデリアのある、とても優雅な空間です。


クープ・アントワネットの記事
その当時は私もブログをやっていなかったので、パフェの写真は撮ってこなかったのが残念なのですが、雑誌の切り抜きがありますのでそちらを載せておきます。私がその時に注文したのは写真の右のほうに載っている「クープ・アントワネット」です。お店の看板商品「アントワネット」というケーキをパフェにアレンジしたものです。
こんなロマンティックなパフェやデザートを提供するお店だったので、またいつか行ってブログでも紹介したいなと思っていたのですが、一昨年くらいからお店は休止状態が続いていました。そして最近、正式に閉店が発表されてしまいました。とても残念です。


アカシエ北浦和店の窓辺の陳列
北浦和本店は北浦和駅西口から歩いて5分ほど、北浦和公園の近くの住宅街の中にあります。お店の外から焼き菓子のディスプレイが見えます。それではお店に入りましょう。


アカシエ北浦和店のショーケース
わあーっ、美しいケーキが何種類も並んでいます。宝石みたいに色とりどりでキラキラです。


アカシエ北浦和店 ショーケースのホールタルト
ホールのタルトも飾られていました。お店の中には生のケーキのほか、焼き菓子やジャム、チョコレートなど、あらゆる洋菓子が並んでいます。


アカシエ北浦和店のマドレーヌ
こちらはアカシエのHPにも紹介されていた、お店自慢のマドレーヌです。



(画像にマウスを合わせると画像が変わります)
まだ開店したばかりなので、お祝いのお花がたくさん飾られています。Jリーグの選手からのものや、大手銀行の代表取締役からのものなど・・・その顔ぶれもとても豪華です。



(数字にマウスを合わせると画像が変わります)
  
それでは購入してきたケーキをご紹介します。ピンク色の可愛いこちらは「アントワネット(756円)」です。画像ではわかりづらいですが、かなり大きなケーキです。フランスの定番のケーキ「サントノーレ」をアレンジしたケーキです。輪っかの形のシューの上にミニシューが乗っていて、間にクリームが絞られています。上に乗っているのは本物のバラの花びらです!なんてロマンティックなケーキなんでしょう。
ピンク色のクリームはいちごではなくラズベリーのフレーバーです。カシスも入っているような感じがします。ミニシューの中と輪っかのシューの中にはカスタードクリームが絞られていて、このカスタードもラズベリーやカシスの風味がします。生クリームやカスタードがたくさん使われていますが、ふわっと軽い口どけのクリームです。シューはしっかりバターの香りがして香ばしく、また輪っかのシューの下にはパイ生地の土台があり、こちらもとても香ばしいです。
とてもロマンティックな外見のケーキですが、バターや生クリームなど、素材の風味がよく引き出されているケーキです。



(数字にマウスを合わせると画像が変わります)
 
続いてこちらは「スーヴニール(594円)」です。
チョコレートのケーキですが、主にクリームでできていてとても柔らかいケーキです。購入した時にも持ち帰る時に揺らしたりぶつけたりすると壊れやすいので気をつけてくださいと言われました。
フォークを入れると崩れてくるような柔らかさで、外側のチョコレートはとてもクリーミーでカカオのとてもいい香りがします。そして中に入っているクリームは何とレモン風味です。ちょっと意外な組み合わせですが、不思議とよく合います。とにかくなめらかな舌触りを楽しむケーキですが、底にはザクザクとした土台があります。底に当たった時はその食感も楽しめます。



(数字にマウスを合わせると画像が変わります)
 
最後は「ミルフィユ・ドートンヌ(702円)」です。
とっても丁寧に焼きこまれたのが分かる、香ばしいパイです。繊細な層ができていて、フォークを刺すとミルフィユ(千枚の葉)の名の通り、枯葉のようにパラパラと崩れます。
中のクリームはキャラメルとナッツの風味です。名前のドートンヌとは秋という意味ですが、枯葉のようにパラパラに崩れるパイと、木の実を閉じ込めたクリーム、本当に秋をイメージするケーキですね。
そしてパイには甘酸っぱいジャムのようなもの、ラズベリージャムかな?が塗られています。甘くてほろ苦いクリームと一緒に食べるとジャムの部分が良いアクセントになる、よく考えられたバランスです。

北浦和本店は現在持ち帰りのみの営業ですが、もう少し落ち着いたらカフェの営業も予定しているとのことです。
また、あのロマンティックで芸術的なパフェが食べられるといいなあ・・・と期待しています。


ACACIER 北浦和本店
埼玉県さいたま市浦和区常盤10-6-11
10:00~18:00
定休日 水曜日

ACACIERのHP
13 2018

カフェミスト カスタマイズ 12

カフェミスト カスタマイズ 12 トフィーシロップとシナモン
スターバックスコーヒーのメニューに使われるミルクのメニューにアーモンドミルクが登場したのは昨年のことでした。ヘルシーなミルクということでアーモンドミルクはスーパーなどでも見かけるようになり、私はてっきりスタバのアーモンドミルクは当面は定番として使用されるものだと思っていました。しかし、在庫がなくなるまでの期間限定だったのですね。
私はカフェミストのミルクをアーモンドミルクに変更した上でいろいろ追加してカスタマイズを研究し、これだ!というレシピを見つけました。その記事がこちらです。

カフェミスト カスタマイズ 6

アーモンドミルクに変更したカフェミストにキャラメルソースを追加しシナモンを振りかけるというものだったのですが、もうあの独特の味は楽しめないのか・・・と残念に思っていました。
それとは別に、ずっと定番だったヘーゼルナッツシロップが終了し、代わりにアーモンドトフィーシロップが定番として仲間入りしました。
このアーモンドの風味を加えれば、アーモンドミルクに変更したカフェミストっぽいものが作れるのではないかな?と思ったのです。
というわけでさっそく試してみました。普通のカフェミストにアーモンドトフィーシロップとキャラメルソースを追加、受け取ったら自分でシナモンを振りかけます。うーん飲む前からいい香りが漂います。
というわけでお味のほうは、あ、「カスタマイズ6」の味にちょっと近いですね。アーモンドの香りがしっかりします。カスタマイズ6との違いは、当たり前ですが牛乳の香りがすることでしょうか。アーモンドミルクは牛乳独特の香りがしないので、そこに特徴があったのですが、とはいえ私は牛乳も大好きなのでこのカスタマイズもおいしいです。
カフェミストを香ばしくてスパイシーに変身させるなら、このカスタマイズがおすすめです。


+++今回のレシピ+++
アーモンドトフィーシロップ追加(+50円)
キャラメルソース追加(無料)
シナモンを振りかける(無料)
追加料金 +50円


関連記事
【まとめ】カフェミスト カスタマイズ
13 2018

【まとめ】カフェミスト カスタマイズ

カフェミスト カスタマイズの記事をまとめました。

「カフェミスト」について
カフェミスト研究会

カスタマイズ レシピ(期間限定のカスタマイズには*がついています)
1 2* 3* 4筆者イチオシ) 5*
6* 7 8 9 10*
11 12