fc2ブログ

おひとりさま

一人で出かけたところをリポートします。お店の住所・営業時間・価格等の情報は記事を投稿した時点のものです。

28 2024

第一種衛生管理者試験とその結果

第一種衛生管理者のテキスト
昨日の記事で「第一種衛生管理者」の試験を受けに千葉県の市原市まで行ってきたということを書きました。今日は、なぜその試験を受験したのかということをお話ししたいと思います。
もともと私は、3年前から社労士の試験に挑戦してきたんですよね。そのことをブログでも書いてきました。今回社労士ではない試験をを受けに行ったということで、「社労士はあきらめたの?」と思われてしまいそうですが、あきらめてはいません!
ではなぜ第一種衛生管理者の試験を受けたかというと、この試験は社労士試験の出題範囲と内容が被る部分があるからなんですね。労働基準法と労働安全衛生法という分野が社労士試験の出題範囲と重複しています。しかも、社労士試験のレベルよりも易しい問題が多いです。なので第一種衛生管理者の試験なら合格できそうかな・・・と思い、社労士試験の勉強と並行してそちらも勉強していたわけなのでした。この試験に合格することで、社労士試験のモチベーションを上げたかったというのもあります。
試験勉強は、市販のテキストと問題集を使いました。有料のオンラインの講座などもあるようですが、市販のテキストだけで充分理解できる内容だと思います。
社労士の出題範囲と被る内容の分野の他に、基本的な人体のしくみや心臓マッサージ等の救急対応の理論、また有害な業務に関する法律や有害な物質の扱いなどといった分野からも出題され、それらは新たに覚えなければならなかったのですが、それほど難しいレベルのものではありません。ただ覚える量がまあまあ多いので、テキストを反復して暗記していく必要はあると思います。


第一種衛生管理者試験の合格通知
さて、この試験は、受験から1週間後に結果が発表されるんですね。早いですよね。
試験の結果は・・・合格でした!
一応この資格は国家資格でして、これから免許証の申請をしたいと思います。
この資格、持っていると何ができるの?とよく聞かれます。
日本国内では、50人以上従業員がいる事業場では(どんな業種でも)衛生管理者を置かないといけないという決まりになっているそうです。その、事業場における衛生管理者になれるというのがこの資格なのです。第一種を持っている人は有害な業務がある事業場を含む全業種の事業場、第二種を持っている人は有害な業務が含まれない業種の事業場で衛生管理者になれます。
だそうですが、私は特に今の職場の衛生管理者になるために資格を取ったわけではありませんので、当面はこの資格を使って仕事をするという予定はありません(笑)。


三井住友銀行の合格祈願鉛筆
受験をするにあたり、受験料を振り込むのですが、ATMからではなく窓口から振り込んで領収証を試験の申込書類に貼付することになっています。
今回、銀行から受験料を振り込んだ際に、窓口でこんな合格祈願の鉛筆を頂きました。この鉛筆を持って受験したんですよ。主に学生さん向けに配っているものだと思いますが、こういうのって嬉しいですね。
そんなわけで、今後は社労士のほうの勉強を頑張っていきたいと思います。

ちなみに・・・第一種・第二種衛生管理者試験は2024年4月から、東京会場が新設されるそうです。


公益財団法人 安全衛生技術試験協会のHP


関連記事
第一種衛生管理者試験を受けてきました
27 2024

第一種衛生管理者試験を受けてきました

蘇我駅 内房線電光掲示板
昨日は、内房線および小湊鉄道の五井駅にあるトレインビューのカフェ「こみなと待合室」を紹介しました。
五井駅は千葉県市原市にあり、都内からは結構遠いですが、なぜ市原まで?というと、2月15日に行われた「第一種衛生管理者」という資格の試験を受けに行っていたからなんです。
この試験、比較的受験者数が多く、全国7か所で試験が行われるのですが、関東の試験会場は東京ではなく千葉県なのです。その試験会場の最寄り駅が千葉県市原市の五井駅ということで、昨日の記事では五井駅前にあるこみなと待合室を紹介したのでした。
受験するにあたって会場の場所を調べていた時、市原市のことをなんとなく市川市と勘違いしていて、「まあ割と東京寄りのほうだし」なんて思っていたのですが、試験日が近づいて改めて乗り換え案内で行き方を調べてみると、都内からはかなり遠い・・・。
試験の開始時間は13時30分なのですが、だいぶ早い時間に家を出て千葉方面へ向かいました。
こちらの写真は蘇我駅の内房線ホームの電光掲示板です。表示は10時30分で、まだ試験まで約3時間ありますが、会場は五井駅からも遠いので時間に余裕をもって行かなければなりません。


五井駅 小湊鉄道の連絡通路
蘇我から3つ目の駅が五井です。約10分、内房線に揺られ、五井駅に着きました。
JRのホームの階段を上がると、小湊鉄道の乗換口がありました。
今回、試験を受けるためだけに来たので観光している時間はありませんが、小湊鉄道、懐かしい雰囲気があっていいなあと思いました。


五井駅 チバニアン決定の掲示
JRの改札を出たところに、ご覧のようなメッセージがありました。「チバニアン」ってニュースにもなっていましたが、この辺りだったんですね。


関東安全衛生技術センターへの案内
試験会場は「関東安全衛生技術センター」という場所です。五井駅からバスで20分くらいです。試験当日には五井駅東口からセンターまでのバスが運行されるので、それに乗って行くと便利です。
バスの乗車時間がまあまあ長いのと、試験開始の15分前には着席しなければならないこと、それにトイレにも行っておきたいし、などと考えると、時間に余裕をもって行かないといけませんね。この時まだ11時前でしたが、バス乗り場の場所を確認しておきました。


五井駅
こちらが五井駅の外観です。一昔前のJRの駅によくあるタイプの駅舎ですね。


五井駅前のポスト
五井駅前のポストは、小湊鉄道の車両のデザインになっていました。小湊鉄道が赤系の車体なので、ポストによくなじんでいますね。
さてさて、この後「こみなと待合室」でカレーを食べた後、駅前からバスが運行する時間になったのでバスに乗って試験会場へ向かいました。
このバスに乗るために並ぶ人が長蛇の列になるのです!10分おきくらいに運行されているのですが、すぐに満席になってしまいます。
次のバスが来るまでに10分待たなければならないわけですから、やはり時間には余裕をもって行くのが大事ですね。


関東安全衛生技術センター
バスには座れなかったので、立った状態で20分ほど揺られて、無事に関東安全衛生技術センターに着きました。このバス、五井駅からセンターまでノンストップなので、乗車した時に座れなかったら降車まで立たないといけないのです・・・。なので座って行きたいものですね。こればっかりは運なので仕方がありません。
座れた人たちは皆さん、参考書を見ながら勉強していました。立っているとそれができないのもちょっともったいないです。


衛生管理者試験のお知らせ
建物に入ると、試験会場の部屋の案内などが貼られていました。自分の受験番号を確認して、部屋に向かいます。
では、試験を受けに行ってきまーす!


五井駅行きのバスの時刻表
というわけで、無事試験が終わりました!試験は16時30分までなのですが、試験開始後1時間後から退室が認められるので、その時間から五井駅行きのバスが運行されます。このバスの運行はありがたいですね。


五井駅行きのバス
私は15時頃に退室しましたので、そのままバスに乗って帰ります。
というか、都内の自宅まで遠いので、解答が終わったら早く退室して帰らないと帰宅が遅くなってしまいます。


五井駅連絡通路から見える線路と電車
帰りのバスも座れませんでした(笑)。五井駅に到着し、連絡通路から見える小湊鉄道の車庫や線路を撮影してみました。


五井駅に停まる小湊鉄道の車両
こちらはJR内房線のホームから撮影した小湊鉄道の車両です。
試験を受けに行ったものの、少し観光気分も味わえて、なかなか充実した一日だったのでした。
都内から向かう途中、舞浜や海浜幕張などを通りましたが、景色が良かったんですよね。葛西臨海公園の観覧車が見えたり、海も見えましたし。千葉方面もまた観光に行きたいなあなんて思ってしまいました。
さて、今回受験した「第一種衛生管理者」の試験、どんな試験で、なぜ受験したのかなど・・・は、また明日お話ししたいと思います。
このブログをずっと見てくださっている方の中には「あれ、社労士狙ってたんじゃなかったの?」と思われた方もいるかもしれませんね。その辺もまた明日お話ししたいと思います。


関連記事
こみなと待合室
26 2024

こみなと待合室(五井)

こみなと待合室
JR内房線および小湊鉄道の五井駅前にある「こみなと待合室」というカフェに行ってきました。五井駅の所在地は千葉県市原市です。
こみなと待合室は五井駅東口を出てすぐのところにあります。



(説明にマウスを合わせると画像が変わります)
1 駅名板風看板 2 入口の白いベンチ 3 五井駅連絡通路から見たこみなと待合室
こちらのお店は小湊鉄道直営で、カフェとして食事やドリンクを楽しめる他、小湊鉄道オリジナルグッズの販売や沿線の観光案内を見ることもできます。
入り口には駅名板をイメージしたお店の看板があり、白いベンチがさわやかです。
ではお店に入りたいと思います。


こみなと待合室 受け取り口近くのホーロー看板
カフェはセルフサービスで、カウンターでまず注文しお会計を済ませると、番号札を渡されるので席で番号を呼ばれるのを待ちます。
番号を呼ばれたら、受取口で注文の品を受け取ります。食堂のようなシステムですね。
注文の受取口の上には、小湊鉄道の駅で実際に使われていたホーローのプレートが飾られていました。
こんな感じの内装なので、鉄道好きのお子さんが喜びそうなお店ですね。ファミリー向けの広めのテーブル席もあり、子供連れで利用しやすいお店だと思います。


こみなと待合室 安全第一カレー ドリンクセット
しばらくして、番号を呼ばれて注文の品を受け取りました。
注文したのは「安全第一カレー ドリンクセット(780円)」です。
ドリンクは「袖ヶ浦産和紅茶」を選びました。
そして、ご覧のように線路側のカウンター席からは電車がよく見えます。食事をしながら電車ウォッチングを楽しめます。


こみなと待合室 安全第一カレー
カレーは具が細かく刻まれているタイプで、お肉はひき肉が入っています。追加でミートボールやチーズをトッピングすることもできます。
このカレー、辛さ控えめで甘口だと思います。子供連れのお客さんが多いからかな、とも思います。でも、スパイスの香りがしっかりときいていて、本格的な味なんですよ。カレーのスパイスの中でも辛味ではなく香りのスパイスをきかせている感じですね。ちゃんとおいしいカレーです。
ちなみに、安全第一カレーって名称が面白いですよね。鉄道の運行も安全第一というのが込められたネーミングでしょうか。


こみなと待合室 袖ヶ浦産和紅茶
袖ヶ浦産の和紅茶、珍しいので注文してみました。セルフサービスのお店だと、ティーバッグは入ったまま渡されることが多いですが、こちらのお店ではティーバッグは外されて飲み頃の状態で提供してくれます。
くせのない飲みやすい紅茶ですね。寒い時期に温まります。



(説明にマウスを合わせると画像が変わります)
1 小湊鉄道五井駅ホーム 2 横須賀・総武快速線直通 3 小湊鉄道
そして、食事の後のお楽しみは電車ウォッチングです。
小湊鉄道とJRの両方のホームがよく見えますので、両方の電車が行き来がするのがよく見えます。
特に小湊鉄道の五井駅は始発駅ですので、割と長い時間電車が止まっているのが見られます。ちょっとレトロな車体がいいですね。
のんびりとした時間が流れて行きます。店内からは、お子さん連れのご家族の楽しそうな声も聞こえてきます。


小湊鉄道の定規
店内にたくさん小湊鉄道グッズが販売されていたので、ついつい購入してきてしまいました。キハ200の車両がデザインされた定規(600円)です。かわいいですよね。
他にも文房具や駅名のキーホルダー、お菓子など、いろいろなものが販売されていました。
年齢性別問わず、鉄道好きが思い思いに楽しめるお店でした。


こみなと待合室
千葉県市原市五井中央東1-1-2
9:00~19:00
不定休

こみなと待合室のHP


関連記事
【まとめ】電車が見えるお店
26 2024

【まとめ】電車が見えるお店

電車が見えるお店に関する記事をまとめてみました。
地域別のカテゴリのほか、新幹線が見えるお店というカテゴリも作りました。

新幹線が見えるお店にはがついています。
25 2024

敬語にまつわるあれこれ

尊敬語と謙譲語ってややこしいですよね。
例えば「見る」という言葉でいうと、目上の人への尊敬語だと「ご覧になる」、自分に対する謙譲語だと「拝見する」となりますよね。
ある言葉に対する尊敬語での言い方と謙譲語での言い方は決まっているので、覚えるしかありません。
私は以前にバイトで接客も経験しましたから、言葉遣いに自信がなかったこともあり敬語の使い方の本を読んで勉強したことがあります。「何となく」で敬語を使うのではなく、一度本など調べて自分の中で整理すると、正しい使い方が理解しやすいですし、自信が持てます。
街で聞こえてくる会話やテレビなどでも、ちょっと間違った敬語の使い方をしているのを耳にすることがありますよね。目上の人に対して「○○さんはおられますか?」「どこどこへ参られたのですね」などなど。
「おる」は謙譲語なので「○○さんはいらっしゃいますか?」、「参る」も謙譲語なので「どこどこへお出かけになったのですね」等が正しい尊敬語になります。・・・というか、私も自信がなくなってきました(笑)。多分合っていると思います。
ただ、そういうふうに間違った敬語を使っているのを聞いても、別に「この人失礼だな」とは思いませんよね。間違っていても、丁寧な言い方をしようとしているというのは伝わってきますからね。結局、気持ちが一番大事なのだと思います。

ところで、正しい尊敬語であるにも関わらず、何となく使いにくいなと感じている言葉があります。それは「食べてください」の意味で使う「お上がりください」です。
「食べる」の目上の人に使う表現としては「上がる」(お上がりになる、など)や「召し上がる」があります。実際に耳にするのは「召し上がる」のほうが多いですね。
敬語の本を読んでいた時に、「食べてください」と目上の人に言う時には「いただいてください」は間違い(「いただく」は謙譲語だから)、「お上がりください」や「お召し上がりください」が正しいと書かれていました。
でも、「お上がりください」って、目上の人に何となく使いにくいですよね。「お上がり」というと、親が子供に「食べなさい」という時や、ペットに「ほら、お上がり」と言ったりする時に使うイメージがあるからです。
目上の人に「お上がりください」と使うのって、理論上は間違いではないのかもしれませんが、結局、相手にもそれが尊敬語だと伝わらないと意味がないわけですよね。
「お上がりください」と言った相手が「お上がり?子供やペットじゃないのに」と感じてしまったら、敬語としての意味がないわけです。
尊敬語や謙譲語は、正しく使ったほうがいい・・・はずなのですが、相手に伝わる言葉を選ぶことも大事・・・でも、相手がどのくらい尊敬語や謙譲語を知っているのかも分かりませんしね・・・。
となると、「この言葉を使っておけば絶対に無難」という表現ばかりを使うようになってしまい、「あまり使わない言葉だけど、きれいな表現なんだけどな」というような言葉がだんだん使われなくなってしまうのはちょっと残念だなと思います。
「風邪をひかないでくださいね」を「風邪など召されませんように」など、きれいな表現だなあと思うんですけどね。